記事一覧

気温5度、いったい何を着れば?この「3つのルール」で快適に過ごせます

気温5度の服装は?
気温5度は、12月前半における、1日の最低気温(平均5.6度)に該当します。丁度その頃の、朝晩の寒さを思い浮かべると、イメージしやすいでしょう。真冬に向けて寒さが本格化し、ベッドから出るのが億劫になる時期です。一年で最も寒いとされる1~2月でも、1日の最高気温は10度~12度前後(平均)。tote711コピー「気温5度」は、真冬の日中より、各段に寒いということになります。よってお出かけには、しっかり厚手の「冬コート」(ウールコートやダウンコート)が必須です。

ただし同じ日でも寒暖差があります。その日の最低気温と最高気温をしっかりチェックしましょう。たとえば12月前半の1日における最低気温(平均)は5度前後ですが、最高気温(平均)は13度前後まで上がることも。日中のお出かけだけなら「軽アウター(トレンチやマウンテンパーカーなど)」で乗り切ることも可能です。その場合もインナーに「ノースフェイス スーパーコピー」、小物に「ストール」や「マフラー」を合わせ、しっかり防寒を心掛けて。

守るべき3つのルール
【1】「冬コート」がコーデの主役
【2】インナーは「ニット」など、あたたかなトップスで防寒
【3】日中のお出かけだけなら「軽アウター」でもOK。インナーや小物でしっかり防寒を

この時期の主役!『冬コート』の着こなし
気温5度の日は、厚手の「冬コート」が必須です。ともすると野暮ったくなるコートの着こなしを、スマートに見せるコツを交えながら、ご紹介します。

【ショート丈のコート】
ショート丈のコートなら、上半身がコンパクトにまとまり、すっきりしたシルエットが簡単に作れます。

ショート丈ダウン×ロングスカートのすっきり縦長黒コーデ


コート(ヘルノ・ジャパン)ニット(トラデュイール)、スカート(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ストール(サン・フレール〈ヴェイユ〉)、バッグ(MOGA〈YAHKI〉)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2020年
上半身をコンパクトに見せながらも視線を上に集めるショート丈ダウンは、上質なカシミア生地を使用したリッチな一着。細身シルエットのロングスカート&ロングブーツを合わせれば、もたつき感のないシャープな縦長シルエットの着こなしに。

手に持つアクセサリー、そんな表現がぴったり!


バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年
ビジュー付きでもポップな遊び心があるバッグは、夜より昼のイメージで。定番デニムスタイルに合わせ、デイリースタイルを更新!

【関連記事】:http://berabera.top

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー