記事一覧

【Nike SB】Dunk Low Pro “St. Patrick’s Day”が2022年3月に発売予定

ナイキSBから2022年の聖パトリックの祝日を記念した新作スニーカー ダンク ロー プロ “セント・パトリックス・デー”が登場か。
Nike(ナイキ)のスケートボードライン「Nike SB(ナイキSB)」の新作スニーカー Dunk Low Pro “St. Patrick’s Day”(ダンク ロー “セント・パトリックス・デー”)が、海外2022年3月に発売予定。


1985年の初登場から約35年。再び脚光を浴びることとなったナイキの人気スニーカー「ダンク(Dunk)」。毎年3月17日のアイルランド発祥の世界的祝辞「セント・パトリックス・デー (Saint Patrick’s Day ✳︎聖パトリックの祝日) 」を祝した今作ではセント・パトリックス・デーで街中が緑色に染まるのと同じように、アッパーに鮮やかなグリーンカラーを使用。希望・誠実・愛情・幸運を象徴する四葉のクローバー(もしくは三つ葉)のモチーフがあしらわれる。なお現時点での掲載画像はモックアップとなる為、実際にリリースされるデザインとは異なるので注意しておこう。

実物画像や詳しい発売日、国内販売情報など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。また、ナイキは今後複数の「ダンク」のリリースを予定しているので合わせてチェックしておこう。

【関連記事】:https://zenbianc3835.wordpress.com/

Brain Dead × Reebok Club C Revengeが2022年に発売予定

ブレインデッド × リーボック シャギースウェードのアッパーが特徴的な新作コラボスニーカー クラブC リベンジが登場。
グローバルスポーツブランド「Reebok(リーボック)」と、LAを拠点に活動するアーティスト Kyle Ng(カイル・イン)と、クロエ サンダル 偽物 オーストラリアを拠点に活躍するEd Davis(エド・デイビス)が手がけるストリートブランド「Brain Dead(ブレインデッド)」による新作コラボレーションスニーカー CLUB C REVENGE(クラブC リベンジ)が、海外2022年初旬に発売予定。


継続的にコラボレーションを続ける両者の新作コラボスニーカーでは、アーカイブから着想を得たクラシックなデザイン「CLUB C REVENGE(クラブCリベンジ)」をベースに採用。ナイキ靴サイズ毛足の長いシャギースウェードにソフトスウェードのオーバーレイを組み合わせたアッパーはブラウン/ブルー/モスグリーンのカラーリングで仕上げ、サイドの小窓にはBrain Deadのネームを刺繍。シュータンラベルには両ブランドを象徴するロゴを落とし込んだ。

新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:世界最新ファッションニュース

リーボックが誇る90年代の名品「アズトレック」がオリジナル3カラーで復刻!


「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」から、1993年にランニングシューズとして登場した「AZTREK(アズトレック)」がオリジナルカラーの3色による復刻モデルが登場しました!


リーボック クラシック AZTREK 0G ¥11880

2021年のリーボック クラシックは数々の人気を博した名作が生まれた「90年代」をテーマに展開。その一環として2018年末より、リーボック クラシックのロゴを90年代当時のリーボックのロゴである、「ベクターマーク」に刷新して、リーボックが持つ90年代のヘリテージを現代に伝えていきます。


アズトレックはもともと1993年に登場したランニングシューズとして登場したモデルで、2018年秋冬にオリジナルカラーを2色の復刻版を発売して話題を集めました。それに引き続き、また新たに復刻させた3色が本作。

路面の異なるオフロード対応の多目的モデルであった今作は、当時としては非常に斬新であったダイヤ型のスタッズアウトソールを始め、独自の軽量クッショニング素材“Hexalite(ヘクサライト)”を搭載。

【関連記事】:学生時代の腕時計

自然風景を転写したオリジナル迷彩や、防虫シャツも。

世界のアスリートが厚い信頼を寄せるジャパンブランドphenix(フェニックス)。ザノースフェイス ダウン コピーなかでもphenix Mountain Activeカテゴリは、「Daily Mountain Active Style」をモットーに、雪山からタウンまでをデザイン・機能両面からカバーします。

そんなphenix Mountain Activeの19SSルックブックが公開されました。


注目したいのは、今季のテーマであるヨーロッパ最高峰エルブルスを擁するコーカサス山脈の雄大な風景をプリントしたジャケットや、同じくコーカサス山脈には咲き乱れるカラフルな高山植物を描いたポンチョといったアイテム。

phenixならではの発想で実現した唯一無二の“迷彩”は、ファッションと関係のないはずの自然風景が、実は非常にデザイン性の高いビジュアルになり得ることを教えてくれます。

もちろん、シームを極限まで減らすことで漏水リスクを軽減した「ノースフェイス テント」構造を採用したシェルや、蚊などが寄りつきにくい防虫素材「トリエント®」を採用したシャツなど、機能ウエアも充実しています。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

オーバースペックを街で着る。アークテリクスの軽量・防水・高耐久な新型シェル。

高い機能性と美しいデザイン性。新作アイテムをリリースするごとに、その二つを高い水準でクリアしてくるARC’TERYX(アークテリクス)から新作のシェルジャケットが登場。モンクレール tシャツレインウェアとして、そしてバックパックに常備するエマージェンシージャケットにぴったりな一品に仕上がっています。


ゼータ SL ジャケット ¥43200

ハイキング時の緊急用シェルとしてデザインされたという「ZETA SL JACKET(ゼータ SL ジャケット)」。髙い防水性と防風性、耐久性を保ちながら非常に軽量で柔らかなGORE-TEX PACLITE®Plusを使っており、薄くて軽く、さらりとした肌ざわりが特徴です。


超軽量(310g)で、コンパクトに収納可能な緊急時に役立つ防水性ジャケットは、ミニマルなデザインと関節に沿ったパターンで、自由自在に動きにフィット。より高いレベルの快適さをお届けしてくれることでしょう。


予測不能な山の天気でおこなうこれからのハイキングやトレッキング、はたまたフェスやBBQなど、バッグに忍ばせておいて確実に損はないアイテムです。

【関連記事】:http://erstklassige.top

Nike ACG Air Mowabb “Limestone”が国内11月18日に発売予定

ナイキACG エア モワブにベージュ系カラーの新色 “ライムストーン”が登場。[DM0840-200]
Nike(ナイキ)が1989年に立ち上げたアウトドアライン「Nike ACG(ナイキ エーシージー)」の新作シューズ Air Mowabb “Limestone”(エア モワブ “ライムストーン”)が、国内2021年11月18日(木)に発売予定。


販売定価: 19,250円(税込)
1991年に初登場した『Air Mowabb(エア モワブ)』は、“All Conditions Gear(オール・コンディションズ・ギア)”の頭文字を冠した「Nike ACG」史上最も人気のあるフットウェアであると言っても過言ではないだろう。エア モワブは伝説的シューズデザイナー Tinker Hatfield(ティンカー・ハットフィールド)がデザインを手がけており、ハットフィールドがエクストリーム系アウトドア・スポーツの聖地であるアメリカ・ユタ州の都市「モワブ」を頻繁に訪れたことに触発され命名されている。


クロスカントリーやマウンテンバイク、ロッククライミングなどのアウトドアスポーツを専用のシューズではなく、『Air Mowabb(エア モワブ)』一足のみで補えるよう想定されており、「AIR HUARACHE(エア ハラチ)」の通称「ハラチ フィット」と呼ばれるシュータン一体型構造のフィッティングシステムを搭載することによって、足首まで優しく包み込み安全で快適な履き心地を実現している。


今回、Nike ACG 2021 Winter Collection(冬コレクション)の一環として、ベージュ系カラーの新色が登場。アッパーにライムストーン/リフレクトシルバー/カーキのカラースキームを纏い、ライナーやアウトソールにはオレンジの差し色をあしらった秋冬らしいカラーリングの一足だ。同日には別カラーのAir Mowabbもリリース予定なので合わせてチェックしておこう。

国内販売情報の追加など新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:福岡県の高級ブランド情報

【Nike × SoleFly】Air Jordan 1 Low OG “Carnivore”が2021年12月17日に発売予定

ソールフライ × ナイキ ジョーダンブランド AJ1(エアジョーダン1) ロー オージー “カーニバル”が登場。エアカーニバルのOGカラーと名作SBダンクからインスパイア [DN3400-001]
アメリカ マイアミの人気スニーカーショップ「SoleFly(ソールフライ)」と、「Nike (ナイキ)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉による新作コラボスニーカー Air Jordan 1 Low OG “Carnivore”(エアジョーダン1 ロー オージー “カーニバル”)が、海外2021年12月17日に発売予定。


1985年に初めて発売され、昨年生誕35周年を迎えた今もなおカルト的人気を誇るスニーカー「スニーカー スーパーコピー」。アメリカの人気HIP HOPアーティスト「Travis Scott(トラヴィス・スコット)」が自身のInstagram上で初公開した今作ではローカットモデルをベースとし、過去の名作シューズからインスパイアされたとされるデザインを落とし込んだ。


Air Carnivore OG

日本では通称“つま赤”ダンクとして認知され、2003年にリリースされたNike Dunk Low Pro SB “Bison”(SBダンク “バイソン”)と、1993年に誕生し、高いフィッティング性能とアヴァンギャルドなカラーリングで人気を博したクロストレーナーシューズ「Air Carnivore(エア カーニバル)」のOGカラーにインスパイアされたという本作。ナイキ靴メンズブラックカラーのスウェード素材アッパーに、アニマルカモフラプリントを施したオーバーレイと真紅のレッドトゥボックスを組み合わせてシューズを構築。左足ヒールにはソールフライ、右足ヒールにはウィングロゴを刺繍した。


現在本作の国内販売情報は未定。新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

ミーンズワイルのMA-1ジャケット、着脱可能なセンターパネルでデザイン&シルエットを変化

ミーンズワイル(meanswhile)の2021年秋冬コレクションから、MA-1ジャケットが登場する。

センターパネルを配したMA-1


Loop Zip MA1 59,400円
新作として登場するは、取り外しが可能なセンターパネルを配したMA-1だ。ノースフェイス ジャケットビスロンジッパーを用いたループジップにより、前身頃のセンターパネルを着脱できるため、シルエットやデザインを好みに合わせて変えることができる。


Loop Zip MA1 59,400円
素材には、形状記憶ポリエステルを使用した適度なハリ感あるファブリックを採用。微起毛を施したマットな質感と独特のなめらかさが特徴だ。また、中綿として高機能中綿素材シンサレートを封入している。


Padding Flight PT 37,400円
MA-1に加えて、アメリカ軍のパラシュートパンツをベースとしたテーパードシルエットのパンツも用意する。

カラーは、いずれもブラックとカーキの2色を取り揃える。

【関連記事】:http://chocobizer.top

【Nike】Dunk Low Retro “White/Black”が国内10月11日/10月15日に再販予定

ナイキ シンプルなパンダカラーの新作スニーカー ダンク ロー レトロ “ホワイト/ブラック”が登場 [DD1391-100,DD1503-101]
「Nike(ナイキ)」から新作スニーカー Dunk Low Retro “White/Black”(ダンク ロー レトロ “ホワイト/ブラック”)が、国内2021年1月7日(木)に発売予定。

✳︎UPDATE UNDEFEATED(事前WEB抽選)/Forget-me-nots(事前WEB抽選)にて10月11日(月)にリストック予定/BAIT(事前WEB抽選)にてWmnsモデルが10月15日(金)にリストック予定。


販売定価: 12,100円(税込)
1985年に初めて発売され、35周年を迎える今、再び空前のブームを巻き起こしているナイキの人気スニーカー「ダンク」。本作ではホワイトカラーのレザー素材でアッパーを構築。オーバーレイやライニング、アウトソールやサイドのスウッシュロゴにはブラックカラーを使用し、シンプルながら存在感のあるカラーリングに仕上げた。また、本作はメンズ、ウィメンズ両モデルで展開する。


国内販売店舗の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。また、ナイキは今後複数の「ダンク」のリリースを予定している。

【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

気温5度、いったい何を着れば?この「3つのルール」で快適に過ごせます

気温5度の服装は?
気温5度は、12月前半における、1日の最低気温(平均5.6度)に該当します。丁度その頃の、朝晩の寒さを思い浮かべると、イメージしやすいでしょう。真冬に向けて寒さが本格化し、ベッドから出るのが億劫になる時期です。一年で最も寒いとされる1~2月でも、1日の最高気温は10度~12度前後(平均)。tote711コピー「気温5度」は、真冬の日中より、各段に寒いということになります。よってお出かけには、しっかり厚手の「冬コート」(ウールコートやダウンコート)が必須です。

ただし同じ日でも寒暖差があります。その日の最低気温と最高気温をしっかりチェックしましょう。たとえば12月前半の1日における最低気温(平均)は5度前後ですが、最高気温(平均)は13度前後まで上がることも。日中のお出かけだけなら「軽アウター(トレンチやマウンテンパーカーなど)」で乗り切ることも可能です。その場合もインナーに「ノースフェイス スーパーコピー」、小物に「ストール」や「マフラー」を合わせ、しっかり防寒を心掛けて。

守るべき3つのルール
【1】「冬コート」がコーデの主役
【2】インナーは「ニット」など、あたたかなトップスで防寒
【3】日中のお出かけだけなら「軽アウター」でもOK。インナーや小物でしっかり防寒を

この時期の主役!『冬コート』の着こなし
気温5度の日は、厚手の「冬コート」が必須です。ともすると野暮ったくなるコートの着こなしを、スマートに見せるコツを交えながら、ご紹介します。

【ショート丈のコート】
ショート丈のコートなら、上半身がコンパクトにまとまり、すっきりしたシルエットが簡単に作れます。

ショート丈ダウン×ロングスカートのすっきり縦長黒コーデ


コート(ヘルノ・ジャパン)ニット(トラデュイール)、スカート(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ストール(サン・フレール〈ヴェイユ〉)、バッグ(MOGA〈YAHKI〉)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2020年
上半身をコンパクトに見せながらも視線を上に集めるショート丈ダウンは、上質なカシミア生地を使用したリッチな一着。細身シルエットのロングスカート&ロングブーツを合わせれば、もたつき感のないシャープな縦長シルエットの着こなしに。

手に持つアクセサリー、そんな表現がぴったり!


バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年
ビジュー付きでもポップな遊び心があるバッグは、夜より昼のイメージで。定番デニムスタイルに合わせ、デイリースタイルを更新!

【関連記事】:http://berabera.top

PUMA × あつまれ どうぶつの森 コラボコレクションが国内9月18日に発売予定

プーマ × Animal Crossing: New Horizons ゲームの世界観を落とし込んだコラボスニーカー&アパレルコレクションが登場。 [あつ森]

グローバルスポーツブランド「PUMA(プーマ)」と、任天堂が2020年3月20日にリリースしたNintendo Switch用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森(英題: Animal Crossing: New Horizons)」によるコラボコレクションが、国内2021年9月18日(土)に発売予定。


今回のコラボレーションではSuede(スエード)、Wild Rider(ワイルドライダー)、Future Rider(フューチャーライダー)といった3型のスニーカーとサンダルにあつまれ どうぶつの森の世界観を落とし込んだフットウェアが家族で楽しめるファミリーサイズ展開で登場。ゲームに登場する「ベル袋」をイメージしたバッグに入った付け替え可能なシューレースが付属するなど、ゲームをプレイしたファンにとっては是非手に入れたいアイコニックなコレクションとなっている。


また、フットウェア以外にも、〈たぬきち〉や〈とたけけ〉、〈しずえ〉などのキャラクターデザインがプリントされたプルオーバーパーカー、全体に葉っぱのグラフィックをあしらったTシャツ、ロングスリーブTシャツ、スウェットパンツ、ショーツといったアパレルコレクションも同時展開する。

国内販売情報など新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:http://coachjp.top/

トレンチコートに合うストールの『巻き方』

春先といってもまだ寒い時期。トレンチコートとストールを合わせて防寒をしつつ、いろいろな巻き方をマスターしてトレンチコーデをアップデートしましょう。

アフガン巻き
▼黒柄ストール


トレンチコートにサテン地のパンツとヒールパンプス合わせが、大人っぽいシンプルなモノトーンスタイル。アフガン巻きにした大判ストールがアクセントになり視線が集中!

▼ボルドー柄スカーフ
白Tシャツとブルーデニムにトレンチコートを羽織ったシンプルスタイル。スカーフもアフガン巻きにするとポイントに。カジュアルすぎないようにバッグと靴は黒を選び、白・ブルー・赤の3色使いでフレンチスタイルをメイク。

カウボーイ巻き
▼アルファベット柄スカーフ


白パーカーにスキニーデニムを合わせ、トレンチコートをオンした爽やかコーデ。そこへ黒のスカーフを巻くだけでハンサムスタイルの完成。バッグや靴も黒をセレクトすると全体の印象が引き締まりおすすめ。
ループノット巻き
▼バンダナ柄スカーフ


ワッフル素材のオレンジワンピースとネイビートレンチコートとのコントラストが映えるスタイリング。バンダナ柄のスカーフやバッグ、バレエシューズに黒を選んだことで、コーデ全体がクラシカルな装いにシフト。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

【Nike】LeBron 19 “Triple Black”が2021年10月1日に発売予定

ナイキから、NBAプレーヤー レブロン・ジェームズの新型シグネチャーモデル『レブロン19』 “トリプルブラック”が登場。
「Nike(
ナイキスニーカー キッズ)」の新作バスケットボールシューズ〈LeBron 19 “Triple Black”(レブロン19 “トリプルブラック”)〉が、海外2021年10月1日に発売予定。


NBA ロサンゼルス・レイカーズに所属するスター選手 “KING(キング)”こと「LeBron James(レブロン・ジェームズ)」の19代目シグネチャーモデル「LeBron 19(レブロン19)」をレブロン本人が公開。現役最長となるキャリア19シーズン目を迎えるレブロンが、先日ワシントン・ウィザーズからレイカーズに電撃移籍した『Russell Westbrook(ラッセル・ウェストブルック)』とのトレーニングキャンプで本作を着用し話題を呼んでいる。


シリーズ最新作となる本作では、ミッドフット部にシューレース一体型のTPUオーバーレイを備えたテキスタイルメッシュアッパーでシューズを構築。前足部にはスピードをもたらす反発力の高いZOOM AIR、ヒールには衝撃を吸収してくれる柔らかいMAX AIRをダブルチャンバーで搭載。シュータンにはフィット感を高めるAIRユニットをアップデートして配置し、コート内を縦横無尽に駆け回るレブロンのスピードや負荷にも対応することが出来るよう、ナイキの最新テクノロジーを詰め込んだファン待望の一足だ。カラーは無骨なオールブラックで仕上げている。

詳しい発売日や国内販売店舗の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:人気のエディターズバッグを始めニコール愛用のサングラス等

ミニマルなサルトリアルが生む、バレンシアガのシームレスな世界


バレンシアガ(Balenciaga)のメンズコレクションは、サルトリアルをベースにしたミニマルな世界。クリストバル バレンシアガが打出した厳密な構造に、コンテンポラリーな素材で新たな解釈を加えた。

着想源は、自然のエレメンツから想像する景色。終わりのない土地、海と空の狭間にある地平線、氷と水、石と植物、そして過去と現在。カラーパレットは、ミニマルなブラック、ディープグリーン、ブルーのコントラスト、ストーングレーミックスで展開。

コレクションの特徴は、ディテールのテクニックとボリューム感。特に強い印象を与えるのは、シームレスによるフラットな雰囲気と石のテクスチャーを均等なニットで表現した立体的な素材など。シンプルなアイテムを、アレキサンダー ワンならではのセンスとシルエットでラグジュアリー&スポーティに表現した。

バレンシアガの代名詞とも言える“コクーン”シルエットからのインスピレーションをうけたのは、エンベロープ(封筒)のようなデザイン。紙のような防水加工ナイロン、フラミステープで仕上げたスリーブ、表も裏もシームレスになったスエードのコートなどディテールにもこだわりがつまっている。

【関連記事】:ビジネス用としても人気があります

「モンクレール + リック・オウエンス」のダウンジャケット、光線モチーフやメタリックナイロン

モンクレール(MONCLER)から、リック・オウエンス(Rick Owens)とのコラボレーションによる「モンクレール + リック・オウエンス(MONCLER + RICK OWENS)」が登場。スーパーコピーブランド専門店メンズ&ウィメンズのダウンジャケットなどが、2020年10月22日(木)より、一部のモンクレールブティック、リック・オウエンスの直営店、一部セレクトショップなどで発売される。

リック・オウエンスと妻ラミーのロードトリップに着想


「モンクレール + リック・オウエンス」は、リック・オウエンスと妻ミシェル・ラミーのロードトリップから着想したコレクション。モンクレール 偽物ロードトリップを想定した機能性と防寒性に優れたダウンジャケットをはじめ、車内で快適に過ごすためのリラクシングなウェアなどが揃っている。


このコレクションのために、モンクレールはアイコニックなダウンを車内に布張りしたツアーバスを用意。リックとラミーは実際にこのバスに乗り、2020年初めにアメリカ・ネバダ砂漠を横断するロードトリップに出かけている。また、2月にミラノでコレクション発表を行った際も、このツアーバスの中でダウンジャケットなどを初披露した。


「モンクレール + リック・オウエンス」で展開されるアイテムの中でも注目は、やはりモンクレールを象徴するダウンジャケット。ダウンジャケットの「コヨーテ」は、艶やかな光沢のナイロンダウンジャケットに、もこもことしたシアリングをコンビネーションした。

【関連記事】:兵庫県のファッションブランド情報!

春・秋のニット帽コーデ

水色ジャケット×ボーダーカットソー×ベージュパンツ×ベージュニット帽

疲れているときこそ、胸をはりたい。いつだってかっこいい女性でありたい。心意気で着るメンズジャケットが私を強く見せてくれる。メンズジャケットの洗練された仕立ては、なんともいえないかっこよさ。無難になりがちなボーダーカットソーも、彼アイテムを盛ることでグッと印象的に。

[Domani2019年4/5月号 216ページ] 【Himアイテム】ジャケット¥42,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) ニット帽¥7,800(チャコール) ネックレス[短]¥108,000・チェーンブレスレット¥295,000(クロムハーツ トーキョー) 【Meアイテム】カットソー¥26,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIEVIE〉) パンツ¥39,000(エイトン 青山〈エイトン〉) 【モデル私物】サングラス/AHLEM ハートネックレス/ティファニー ピアス/クロムハーツ

ボーダーカットソー×黄緑パンツ×黒ニット帽

セージ×マスタードがボーダーを見違えさせて。トレンドのコーデュロイパンツは色ものも豊富。あせたような色合いがおしゃれなセージに、パテントのマスタードフラットを合わせたヘルシーな配色で、ボーダースタイルを楽しんで。

[Domani2018年11月号 137ページ] 靴¥48,000(アマン〈ペリーコ〉) パンツ¥21,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈マルティニーク〉) カットソー¥11,000(ゲストリスト〈ルミノア〉) 帽子¥5,800(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥11,800(ガス ビジュー青山〈ガス ビジュー〉) バッグ¥81,000(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉)

グレーコート×白ニット×デニムパンツ×黒ニット帽

トリコロールのムートントート。デイリーなカジュアルにこそ映える遊び心溢れるカラームートンの魅力。バッグ以外はベーシックにまとめるのが正解。

[Domani2017年12月号 138ページ] バッグ[35×34×20]¥68,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈アン ベスト〉) コート¥120,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) カットソー¥13,000(インターリブ〈サクラ〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) 帽子¥25,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ATHENA NEW YORK〉) 靴下¥3,000(リーミルズ エージェンシー〈パンセレラ〉) 靴¥9,250(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ビューティ&ユース〉)

BOVET(ボヴェ)2021新作「リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー」

スイスの高級時計ブランド ボヴェが、2020年の新作「リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー」を発表した。ブレインストーム チャプター ツーは、2016年にパスカル・ラフィ氏によってデザインされた、アイコニックな“ライティングスロープ”型の非対称ケースに収められており、ボヴェ コレクションの中で2番目にサファイア製ケースを採用した時計である。


ブレインストーム チャプター ツーのためにボヴェの工房内で特別に開発および制作されたキャリバーは、5日間を超えるパワーリザーブが一つの香箱によって供給されている。振動数は毎時21,600回に増大され、さらに特許取得済みの両面フライングトゥールビヨンを搭載することで、より優れた精度を実現している。
■ボヴェ「ナインティーン サ―ティー フルリエ / 19thirty Fleurier」
手巻き(cal.17DM06-DT)。21,600振動/時。パワーリザーブ約5日間。サファイアケース(直径47.8mm)。18KRGケース(直径46mm)。30m防水。世界限定60本。4420万円(サファイアケース / 税別)。4160万円(18KRGケース / 税別)
 秒表示は、6時位置に配された、1分間に1回転するトゥールビヨン上に設けられたインデックスで表示される。3時位置のドーム状ディスプレイは、この時計のために開発された特許取得済みの機構を用いた第2時間帯が表示される。ドームの回転部分には24の時間帯に対応した24の都市名がプリントされており、ドームの裾野部分のリングに配された目盛に沿って、24時間をかけて1回転する。立体的なV型の針を用いて、希望するタイムゾーンを選べるようになってもいる。9時位置には回転するドーム状のムーンフェイズ表示が配されている。表面にはまず月面の模様がハンドエングレーブされ、次に発光塗料が同様に職人の手によって塗布されている。ドーム状の月を見下ろすように開けられた二つの丸型の窓は、それぞれ北半球と南半球から見える月齢を表示する。このムーンフェイズ機構の精度は極めて高く、必要な調整は127年に1度、1日分のみである。

【関連記事】:腕時計市場特色の設計

【adidas】YEEZY 700 V3 “DARK GLOW”が2021年8月2日に発売予定

アディダス × カニエウェスト 暗闇で光るGID仕様の新作スニーカー イージー700 V3 “ダークグロー”が登場か
ラッパーや音楽プロデューサー、ファッションデザイナーなど、マルチな才能を発揮する奇才「スーパーコピー」と、世界的スポーツブランド「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」による新作コラボフットウェアYEEZY 700 V3 “DARK GLOW”(イージー700 V3 “ダークグロー”)が、海外2021年8月2日(YEEZY DAY)に発売予定。


販売定価: $200 / 28,000円+tax
700シリーズ3代目となる「YEEZY 700 V3」では、V2まで採用されていた高い耐久性と衝撃吸収性を備えた「BOOSTフォーム」は非搭載となっており、滑らかなシームレスデザインのミッドソールには軽量で安価な「EVAフォーム」を採用している。これによりシューズネームも「YEEZY BOOST 700」から「YEEZY 700」に変更されている。

新たに登場が噂される“DARK GLOW”ではプライムニット素材でアッパーを構築。本モデルを象徴する特徴的なメッシュ状パーツには暗闇で光る蓄光ペイントを施し、Glow in the Dark(グローインザダーク)仕様に仕上げた。現時点ではモックアップのみ公開されており、実物画像は明かされていない。

国内7月30日(金)に発売が予定される「AMBUSH(アンブッシュ)」と、「Nike(ナイキ)」による最新コラボスニーカー Dunk High “Flash Lime”(ダンク ハイ “フラッシュライム”)のリリースを記念して制作されたシューレースデュブレ。ナイキスニーカー キッズアンブッシュのアイコニックなブランドロゴが、お気に入りのスニーカーをお洒落に飾ってくれる。カラーはブラックとシルバーの2色が展開する。

【Parra × Nike SB】Dunk Low Pro “Abstract Art”が2021年7月29日/7月31日に発売予定

パイエット・パラ × ナイキSB 左右非対称の新作コラボスニーカー ダンク ロー プロ “アブストラクトアート”が登場。 [DH7695-600,DH7695-100]
オランダ アムステルダムを拠点に活動するアーティスト「Piet Parra(パイエット・パラ)」と、Nike(ナイキ)のスケートボードライン「Nike SB(ナイキSB)」による新作コラボスニーカー Dunk Low Pro “Abstract Art” (ダンク ロー プロ “アブストラクトアート”)が、海外2021年7月29日/7月31日に発売予定。


2005年に登場した伝説的なエア マックス 1 “Amsterdam” を皮切りに、Nikeと長年にわたってタッグを組んできたParra。2019年には初めてNike SBとのコラボレーションが実現し、その際にもDunk Lowを製作している。ナイキスニーカーレディース今夏 東京で開催される『東京オリンピック2020』を祝し登場する新作モデルでは、アッパーをセイルカラーのレザー素材で構築。サイドにはブラックカラーの短縮化されたスウッシュロゴが落とし込まれ、ライナーにはグリーン、ミッドソールにはホワイトカラーを使用。右足ヒールパッチには「NIKE」、左足には「Parra」のロゴを刺繍し、オーバーレイにはParraの特徴的なスタイルである鮮やかでカラフルなアートワークを施した。


また、オーバーレイの裏側にはピンクカラーの素材が隠れた二重構造となっており、表面を破くことで違った楽しみ方ができるSB特有のギミックを搭載。更にもう一色、左右非対称のオーバーレイを纏った別カラーもリークされているが、そちらはF&F(ファミリー&フレンズ限定)モデルとのことだ。


国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

勝負シューズはナイキの超レアモデルで発奮

シューズはさまざまなメーカーのものを履いており、最近のお気に入りはスケッチャーズ。日本ではストリートカルチャーの印象が強いかもしれないが、実はパフォーマンスシューズとして米国では指折りの大手であり、ミッドソールに特徴のある素材を用いたハイエンドモデルは最近のナイキと並んで語られることも珍しくないとか。ほかにもホカ オネオネやトポ アスレティックなどを愛用している。


ナイキの「ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」。残念ながらすでに完売。
「でも、タイムを狙うようなレースではナイキのズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントを履きます。ナイキ初の3Dプリントを活用したシューズ用のテキスタイルアッパーが特徴で、最新テクノロジーが詰まったエリートモデルです。そのぶんとっても高価で、税込みで8万円以上しました。だからソールが摩耗するのがもったいなくて、自分のなかではレース限定にしています。これを履くと、否が応でも気が引き締まりますしね」。

ちなみにこのシューズ、日本ではナイキ原宿店にてごく限られた足数のみ発売された逸品。厳しい応募条件を満たし、そのなかでさらにフルマラソンの持ちタイムが速い順に購入権が与えられたという。購入できた牧野さんはあらゆる意味でスゴいのだ!

タウンユースしてお洒落で、ランニングにも使えるという点では、ゾフのインナーレーベルである「ヴィシービジュアルコミュニケーション」のサングラスもお気に入りのアイテム。


ヴィシービジュアルコミュニケーションのアイウェア「N191014-14E1」。
「『ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ』の渡辺真史氏がディレクションを手掛けているレーベルで、このモデルはその中でもテンプルを極限まで薄くしてバネ性を持たせ、かつ肌面側には滑りにくいラバーを張っているのでホールド感がスポーツサングラス並み。4分/kmを切るスピードで走ってもブレたりズレたりしません」。